スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡花水月・続編攻略

◆覚書攻略フローチャート
恒例の制作メモから抜粋した攻略フローチャートです。
要点のみを書いているため、他のチェック可能なポイントなどは書いていませんので各々で調べてみてください。
ネタバレ全開ですので、基本的に完全に詰んでしまった時にご利用下さい。
尚、◎はエンドに関わる重要ポイントとなっています。
 
以下、追記からご覧下さい。
仕掛け・選択肢の正解ネタバレは反転して下さい。
※覚書のため、誤字・脱字・間違いなどあるかもしれませんので、その場合はご指摘下さい。
 
1月3日:トゥルー重要ポイントを追記し、所々修正しました。
 
 

続きを読む

スポンサーサイト

鏡花水月~Truth in the hollow~の裏話

そのまま、鏡花水月・続編の裏話になります。
ネタバレなので、トゥルークリア済み推奨です。
あと、割と不真面目にはっちゃけているので、シリアスな余韻を愉しみたい方にはオススメ出来ません。
というのも、真面目なネタはオマケで書いてしまったので、描くべき真面目なネタがありませんでした。
その他、何か疑問とかありましたらコメントなど下されば答えるかもしれません。
興味のある方は、折り曲げからどうぞ。
 
 

続きを読む

配布開始しました

お待たせしました。
何とか完成にこぎつけられて良かったです。
現在ふりーむさんにて配布開始されましたので、よろしくお願いいたします。
細かいバグや不具合などもあるかと思いますが、その時はお手数ですがブログでお知らせ下さい。
・・・とりあえず、今の心境は・・・もうつくりたくないです。
体調不良も手伝って、本当に疲れました・・・。
 
追伸:待っててくれた方、ありがとうございます。
年内に出せて良かった・・・。
鏡花続編タイトル
◆鏡花水月~Truth in the hollow~
バージョン:1.01
ジャンル:サバイバル探索ADV/15禁
プレイ時間:約5時間~
容量:239MB
 
◆あらすじ
前回の『死のゲーム』から生還して数ヶ月。
ある日、その手元に招待状が届いた。
差出人は、『グレイラビット』。
招待状に書かれていたのは、行方知れずの友の名。
そして、再び『死のゲーム』が始まる――。
 
本作は、ショッキングなシーン、グロテスクな要素を含みますので、ご注意下さい。
注意書きをスルーした際の責任は負いかねます。
また、ゲーム内の素材は如何なる理由でも転載・加工厳禁です。
本当に勘弁して下さい。
タイトルやあらすじ以外で使用可の記載をしていないものは、先ず問い合わせて下さい。
あと、ネタバレは極力控えて頂けるとありがたいです。
  
◆攻略のヒント
ストーリー的には、一本道です。
ただ、真相に到達するのは初見ではとても難しいと思います。
本編にて更にヒントを書いていますが、とにかくフラグとアイテムが重要になります。
尚、条件さえ満たせば、初回でも真相に到達出来ます。
 
エンディングは、3種類です。
バッド、ノーマル、トゥルーですが、ノーマルは2パターンあります。
オマケもちょっとだけあります。
 
◆ダウンロード
ふりーむさん:ダウンロード
 
◆備考
その他、攻略についてやバグ報告などありましたら、コメント欄を解放しているのでそちらからどうぞ。
勿論、メルフォなどからでも構いません。

続編アンケの投票、ありがとうございました

以前書いておりました通り、五月になりましたのでアンケの方を締め切らせて頂きました。
1000票近い投票、誠にありがとうございます!
結果は、以下の通りとなっております。
ゲーム・アドベンチャー 48.7% (470票/48.7%)
ゲーム・サウンドノベル 43.5% (420票/43.5%)

ゲーム・ノベル+ADV 7.0% (68票/7.0%)
ブログ・小説連載 0.8% (8票/0.8%)

やはりというか、ADV形式強いですね。
作る方は割りとガチで死ねる感じですが、そんなの言い出したら毎度の事じゃないですかーやだー!というアレでもありますね!
・・・うん、思い返したら大体製作中は何時も精神的に磨耗してました。
まぁ、そういうものですよね!

それはさて置き、やっぱりゲーム的に楽しめるようにとなるとADVが鉄板かなとも思うので、この結果は納得ですね。
あとは、テキストの量と画像とシステムの配分と仕様を考えつつ、ストーリーも練っていかないといけませんな。
恒例になりつつあるオマケも何かは入れますが、ギャラリーは如何しようかなと。
大雑把に考えて前作程度のイベント画像は入るかなと思いますが、未だ未定なので、イベント画像の総数によりけりですね。
それから、前作鬼畜過ぎてやってない・・・という方でも大体解るようにあらすじを入れたり、本編の文章でもそれなりに説明しつつという感じにしていくつもりです。
なので、未プレイの方でも大丈夫かなと。
既プレイの方は、あーそんな事あったねーと懐かしみつつプレイして頂ければと思います。
ただ、難易度は安定のドM仕様なので、やはり人は選ぶかもしれません。
鏡花はまぁ、そういうアレなのでお察し下さい!
一先ず、諸々と構想中です。
続編についてのご要望やご意見などありましたら、この記事のコメント欄を解放させて頂くので此方でどうぞ。

ぼちぼちコメント欄も徐々に解放しつつ、折を見て拍手コメなども復活させられたらなと思っています。
そして、毎度拍手と投票、ありがとうございます。
キャラ投票の方も結構な数になりまして、とても光栄に思います。
今後もよろしくお願いいたします。
まめぐ。

続編ネタもこもこ・コメ返信追記

アンケートのご協力、ありがとうございます!
何時の間にやら、3桁どころか200近い投票になっていて驚いています。
いや、ホントにビックリして如何いう事だってばよ?ってなりました。
キャラ投票や拍手ともども、誠にたくさんの投票に感謝感激でございます。
コンゴトモヨロシク・・・。

さて、鏡花水月の続編に関するアンケートですが、ノベルとADVが良い勝負になっており、個人的にも思うところあって両方取りであるノベルADVの項目を追加しました。
というのも、如何しても続編は内容的にテキスト多めになりますし、何時ものADVではぶっちゃけ作り難いという点が常々気になっていました。
そこで、それなら両方は如何か?と思い至った訳です。
だったら、早く気づけよ!!という話ですが、案外気づかないものでして、ええ・・・。
ざっくり説明すると、ノベルパートと探索パートがあるADVという感じですかね。
あわせる事で従来とは違う仕様で新境地を開拓するのも良いかなと思っています。
ただ、チャレンジ的なところがあるので、どのくらい許容して頂けるか解りませんので、引き続きアンケートのご協力をお願いいたします。
とりあえず、続編を作るとしても来年ですが、諸々考えて私個人が満足するだけでなく、皆さまの期待に添えられるよう作っていきたい次第でおります。

追記にて。
投票200突破ありがとうございます!
何か何時の間にか投票が増えており、ガチでかなり驚いています。
ご愛顧感謝!

尚、落とし穴は鏡花水月の伝統罠(?)なので、続編でも容赦無く設置されます。
愁夜は今から腹を括って下さるよう、お願い申し上げます。
私はもう何度でもデバッグする覚悟を完了しております。
ヨロシク哀愁!!!

コメント返信は折り曲げからどうぞ。
※8,24/21時分まで返信しました。

 

続きを読む

攻略・終盤MAP

反応もあった事ですし、公開から一ヶ月以上経っているため、終盤地点のMAP公開を解禁しました。
ご意見、拍手を下さった皆さま、ありがとうございます。
イベントアイコンなどがちらちら見えていますが、その辺はスルーして頂けると幸いです。

折り曲げからどうぞ。
 

続きを読む

雑誌掲載のお知らせ

晋遊舎さまの『iP!』1月号にて鏡花水月が掲載されました。
発売は昨日でしたが、今日に掲載誌の方を頂いたので本日ご連絡させて頂きます。
ご連絡頂いた晋遊舎さま、雑誌を見て下さった皆さま、プレイして下さった皆さま、とても光栄です。
ありがとうございます!

……しかし、アレですね。
自分のゲームが雑誌に載ってるとか、実に不思議な感じです。
ぶっちゃけ、まめ野郎には身に余っている気がとてもしております。
処女作で勝手が解らず、色々と皆さまにご不便をおかけしているだけに、恥ずかしさで頭抱えそうな勢いです(パッシブ:チキンハート)。
これで満足せず、今後も面白いよって皆さまに言って頂けるようなゲームを作っていきたい所存です。

とはいえ、結局は自分が面白いから作るんですよね。
何でもそうですけど、つまらない事に時間と労力を使う訳がありませんから。
そうしてネタだけが貯まっていき、開発が追いつかないという現状が此処にあります。
私の場合は時間もそうですが、何より頭脳と技術が足りないのですがorz
でも、愛と気合と根性さえあれば、私のようなアホの子でもゲーム一つ作れた訳ですから、作ってみたいなーとか思ってる方は、とりあえずチャレンジしてみては如何かと思います。
今は支援サイトも多いですしね。
手が空いたら、此処でも没にしたまま放置しているマップチップや背景用写真を放出したいなーと思っていますが、とりあえず今はゲームをもう一つ、年内に仕上げるのを目標に頑張りたいと思います。

追記
マップ公開についてですが、もう少し反応を見てから考えます。
早く公開しろよまめ野郎!と思われる方は、拍手をポチってやって下さい。

付属テキストの更新

付属テキストにアバウトに追記した事項を加筆し、他に自分で気づいたところを少々修正しました。
尚、この修正はバグというほどのものではなく、ちょっとウェイトなどを調整したのみです。
現状で問題ない方は、そのまま進めて頂ければと思います。
最新にしておきたいという方は、データの更新をお願いいたします。
現在、ふりーむ!さん、vectorさん両方で更新完了しています。

尚、最新版は暫定版09となります。
毎度ながら、移行の際にはデータのバックアップをお取り頂いた上でお願いいたします。

ちらほらと

全ルートクリアのご報告を頂くようになりました。
自分で作っておいてアレですが、結構なドM仕様になってしまったので、コンプが大変だった事と思います。
……私自身、レトロゲームが好きで多少難しくても割と大丈夫な方でして、某スペクトラルタワーⅡを一万階までクリアしたくらいのドMです。
今回はそのドMさが見事にアダになったようです……。
そんなひどい難度の中でクリアして頂き、本当に感謝と同時にお疲れ様ですという気持ちです。
今回の反省を踏まえ、次回はストレスがあまり溜まらないゲームにしたいと思っています。

また、そろそろ攻略に最後の鬼畜森のルート記載地図を載せてもいい頃かなと思っているのですが、どんなものでしょうか?
地図があってもあの森は迷う仕様にしているので、自力で頑張って下さった方には大変申し訳ないのですが、やはり救済処置としてルート記載地図を置いた方がいいかなとか。
もう少し後でもいいとか、今すぐ公開すべきとか、拍手やコメントで反応を頂けるとありがたいです。
恥ずかしいよ!っていう方は拍手をポチるだけでも構いませんので。

そして、クリア報告が来たところで、改めて後日談について触れたいと思います。
ネタバレを醸しているので、以下反転でお願いいたします。
トゥルーエンドからオマケシナリオまでコンプされた方ならお気づきですが、愁夜は彼にアレを渡していません。
その後を各々のご想像にお任せするのもアリだと思いますが、私としては最後の最後の締めだからちゃんと形にしたいというのが本音です。
キャラクター達にも思い入れがありますし、一作で終わりにするのも勿体無い気もしていますしね。
とはいえ、世の中には続編が無い方がいい物語もあるので、如何したものかと考えていたのですが、コンプされた方から後日談は作らないのか?といったコメントを頂いて、やはり作るべきかなと思っています。
何時になるか、どのジャンルになるかは未定ですが、来年には着手したい心持です。
個人的にはADVかサウンドノベルかRPGかで悩んでいます。
鉄板で行くならADVかサウンドノベルですが、戦闘要員がいるのでRPGでも行けそうだなあとか。
裏主人公とも言えるあの二人などは、本当に最後のネタバレとして出てくるので、実際どのくらい強いのかさっぱり解らないまま終わりましたしね。

そんな事を思いながら、構想を膨らませている現在です。
とりあえず、どのジャンルでやるか、ですね。
どのジャンルでやりたいか、ご意見を頂ければ幸いです。

レビューと海外の方へについて

レビューについては如何なっているのか?というお問い合わせを頂いたので、それについて書きたいと思います。
基本的には、常識的な範囲でネタバレを含まないもの、或いはネタバレを隠しているものならば問題はありません。
ですが、批難・中傷目的と思わせるようなものはご遠慮下さい。

また、画像を載せる場合は、必ず事前でも事後でも構わないのでご報告下さい
フリーソフトではありますが、著作権を破棄している訳ではありません。
フリーソフト=著作権フリーではない点に注意して下さい。
ふりーむ!さんなどで掲載しているSSは此方も了承した上でのものです。

そして、海外の方からメールを頂く事があったため、此方についても触れたいと思います。
その方はご丁寧に日本語でメールして下さったので、大変助かりました。
とはいえ、そうした方ばかりとはいえませんし、私自身も日本語しか出来ません。
翻訳ソフトで頑張れるだけ頑張りたいとは思いますが、やはり限界はあるものなので、サポートやお返事は翻訳済みのものにしか出来かねるというのが本音です。
申し訳ないですが、その点はご了承頂ければ幸いです。

これらはアバウトの方にも追記させて頂きました。
旬の花時計
プロフィール

KUROZ

Author:KUROZ
黒いまめっぽいナマモノ。
最近、珈琲がうめぇ。
禿げ散らかすのが気になるお年頃。
まめっぷ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
リンク
まめ投票
12時間ごとに1回投票可。
1人何回でもおk。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
まめエイト
発生した金銭は制作費に使わせて頂きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。